野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

野菜づくりの失敗について
①失敗の傾向=どんな症状が出ているか、特徴的な症状は何か?
②原因=症状が出た理由はどんなことが考えられるか?
③対策=次はとうしたらいいか?
という風にできるだけわかりやすく考えます。原因と対策は個人的見解ですのであしからず、、、

【失敗の傾向】ナスの葉に白い無数の点々が生じる。葉裏を見るとオレンジ色の小さな虫がいる。ひどい場合はクモの巣状の糸がはる【原因】ハダニ高温乾燥時に発生しやすい。風通しが悪いところやナスの樹勢が落ちる8月に増える。【対策】樹勢の維持とひどい場合は更新剪定をし ...

【失敗の傾向】ピーマンの葉に黒い斑点がでてくるひどくなると全体的に黄色くなり葉が落ちる果実にも病斑がうつる【原因】黒枯病高温多湿条件で発生する【対策】病気になった葉は落とし持ち出す風通しを良くする肥料がきれると発生を助長する ...

【失敗の傾向】ズッキーニの茎葉ばかり大きく育つが実がならない。また生長点がたくさん増える【原因】樹ぼけ梅雨時期に雨がおおく、日照が少ない、また肥料が多い場合に樹ばかり大きく育つ【対策】摘芯し、生長点を一つにする。窒素肥料は減らす。風通しをよくするために垂 ...

【失敗の傾向】同じ時期に定植したオクラの生育にムラができる。大きくなるものと小さいままのものがある【原因】根に何らかの障害がおきているここではおそらくネコブセンチュウの影響が考えられる根を引き抜くとネコブが観察できるネコブセンチュウはオクラにつきやすい【 ...

【失敗の傾向】初めの内は普通に大きくなって行くが途中から、生育がとまり大きくならないまま実が収穫できなくなる。他に健全に育っているものと比べて明らかに小さい【原因】ネコブセンチュウによる連作障害前年度発生したところに何もせずに栽培するて継続して増える【対 ...

【失敗の傾向】 フレンチマリーゴールドをナスやトマトのすぐそばに混植とマリーゴールドが大きくなりすぎてナスやトマトの生育を妨げてしまう 【原因】 フレンチマリーゴールドは作物の近くに植えると光や養分、水分の競合を起こしてしまう フレンチマリーゴールドは生育 ...

【失敗の傾向】収穫間近のスイートコーンが何かに食い荒らされている ①スイートコーンの実の上の方が食べられている ②きれいに皮をむいてたべる(引き裂いたように下まで皮をはいでいる) ③スイートコーンの実は倒されたり、下向きに傾いたりしていない ④外側(畝間か ...

【失敗の傾向】枝豆の葉に病気のような症状が出て葉がかれてくる。梅雨時期になり雨が降ったあとに広がる。生育期後半、収穫間近に出やすい【原因】大豆の葉に出る病気は沢山あるが特定は難しい、雨が多い場合や密植の場合は病気が出やすい【対策】収穫間近なら早めに収穫し ...

スイートコーンの収穫適期を判断する際は①雌穂が全体的に茶色く枯れはじめる②皮をむき、実の先端まで粒が太ってきている③実を試し採りをして、皮をむいて全体の粒の様子を確認する。粒が一つ一つパンパンに大きくなっていて、ツヤツヤの状態が適期。写真はまだ粒の張りが ...

【失敗の傾向】梅雨時期ズッキーニの葉先が黄色くなりはじめる。同時に全体的に黄色くなる。葉色が薄い。小さめの株に多く見られる【原因】根の機能不良。多雨による根の活性低下、また雨が少ないための水不足、肥料不足(吸い上げない)このような場合むやみに肥料を与える ...

カラスの食べ痕はくちばしの形でv字になるのでわかりやすい。 ...

【失敗の傾向】 小玉スイカが生育途中で割れてしまった 【原因】 裂果。 小玉スイカは皮が薄いため裂果が発生しやすい。 また熟期が開花後30~40日と短く短期間で大きくなるために裂果しやすい 果実が小さい頃に土が乾き過ぎすぎると顕著。 直接スイカに日光が当たると日が ...

【失敗の傾向】 露地きゅうりの実ができたと思ったら大きくならないまま黄色くなって萎れてしまった 【原因】 梅雨時期の場合、多雨・日照不足・低温等による生育不良不良による 急激な雨、その後の急激な天候回復による高温など急激な変化にも影響を受ける 樹勢不良は生 ...

【失敗の傾向】スイートコーンの丈が伸びず低い位置に実がなる。下の葉が枯れていく。【原因】肥料不足の可能性。また、播種・定植から生育初期段階における水不足による栄養成長不良、根張りの悪化が原因により肥料がうまく吸い上げられない可能性も。 特に下葉が縁から枯れ ...

↑このページのトップヘ