野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 ネットで検索してもHow toや様々な成功する農法の事例が出てきます。 それ自体を否定することはありません。 でも、もっと失敗の経験から学べる事があるのではないか。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

野菜づくりの失敗について
①失敗の傾向=どんな症状が出ているか、特徴的な症状は何か?
②原因=症状が出た理由はどんなことが考えられるか?
③対策=次はとうしたらいいか?
という風にできるだけわかりやすく考えます。原因と対策は個人的見解ですのであしからず、、、

この6月下旬収穫のスイートコーン。 無農薬では、アワノメイガが問題になりますよね。     雄穂を雌穂にこすりつけて受粉させたのち、雄穂を切り落とし、雌穂を広告の紙でくるむとよいということを知り、やってみることに。     じゃあいざ広告でくるむとなると、どこ ...

サツマイモの芽と根の出方。     サツマイモは根が太くなったものです。 芽と根が出る方向が決まっていて(極性という) 茎に近い方から必ず芽が出て、その反対から根が出ます。     仮にサツマイモを切っても必ず茎側から芽が反対側から根が出ます。 (茎が出ている付 ...

①失敗の傾向 トマトの葉が内側に丸まってしまう。 葉の生長点が萎れてしまう。 これらの症状が畑全体に生じている。 さほど肥料を与えていないのに葉色が濃くなる。 ②原因 水不足 ③対策 急な水やりはトマトの割れの原因になるので注意する。 乾燥が続いた後に急に多量 ...

<a ①失敗の傾向 枝豆が大きくなる前に落葉してしまいました。 初めに葉の色が抜け、徐々に赤茶けて枯れていきます。   この時期に葉が落ちてしまうと、枝豆は大きくなることができません。小さな枝豆ばかりで大幅に収量が減ってしまいます。 葉をよく観察してみると、白 ...

ミニトマトで芽かきした芽を苗として再利用する方法。     芽かきでとった芽はそのまま捨てないで、プランターに入れた鹿沼土に挿します。水を絶やさず、日陰に置いておきます。     すると数日で茎から根が出てきます。     これを再び苗として再利用できます。 ポ ...

スイートコーンのヤングコーン。     スイートコーンは基本1本に1果ですので、摘果します。 摘果したスイートコーンはヤングコーンとして食べられます。     頭からファサッと出ているのはスイートコーンの雌(し)ずい(めしべ)。絹糸(けんし)とも言います。 なん ...

①失敗の傾向 ジャガイモが小さいものばかりになる ②原因 原因は一つではなくいくつか考えられる。 ・植え付け時期が遅すぎた ・すべての芽を残して栽培した(芽かきを忘れた) ・品種の選定 ・連作した ・雨が少なかった ・モグラの穴が開いていた ・土地がやせすぎている ...

①失敗の傾向 スイートコーンの下葉が黄色くなって葉の縁から枯れ始める ②原因 窒素不足か。 下葉が黄色くなる症状は様々な原因があるのでこれだけでは特定しにくい。 カリウム欠乏の場合、同時に生長点付近に鉄欠乏症状(黄化)が生じる。 窒素が過剰であってもカリウム ...

①失敗の傾向 周りのミニトマトと比べると少し生育が遅く、全体的に黄色い感じ。 生長点付近の葉が小さく縮れているものが見られる。 葉の色が黄色と緑色がマダラになる。(モザイク症状) 現段階では虫等が発生していない場合も多い。 ②原因 何らかのウイルス病(見ただ ...

主要農産物種子法の発効は昭和27年から。 時代は戦後、食料増産が大命題でした。 その中で新品種の種子を作り出し、計画的かつ大量に生産するシステムは官が担うのが効率的でした。     経済成長を遂げる中、その食味の良さから、コシヒカリは昭和54年から作付け面積NO.1 ...

↑このページのトップヘ