野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

野菜づくりの失敗について
①失敗の傾向=どんな症状が出ているか、特徴的な症状は何か?
②原因=症状が出た理由はどんなことが考えられるか?
③対策=次はとうしたらいいか?
という風にできるだけわかりやすく考えます。原因と対策は個人的見解ですのであしからず、、、

【失敗の傾向】 きゅうりの葉が葉脈に沿って色が白くなっていく、ひどい場合、葉全体の色が抜けて枯れてくる 葉裏を見ても病気のカビは見られず、テカったような痕(シルバリング)がたくさん見られる 目を凝らしてよく探すと黄色い小さな虫が発見できる きゅうりの実に ...

【失敗の傾向】空芯菜の葉が何かにかじられて穴が開く【原因】バッタによる食害さつまいも同様ヒルガオ科であるため、バッタに狙われやすい【対策】周辺雑草の防除(雑草地が近いとバッタが多い)空芯菜は生育が旺盛なので、初期だけ気を付ければおそらくさほど問題にならな ...

【失敗の傾向】トマトの表皮の色がまだらになったり、赤色や黄色のムラができる色づき前にもわかる色づきが悪い所に針をさして吸収した痕が残る【原因】カメムシによる吸汁害【対策】周辺に隠れているものも含め網で捕らえて補殺するしかない。 ...

【失敗の傾向】ズッキーニの新葉が黄色く縮れて生育が他の株より遅く小さい【原因】ウイルス病(CMV)アブラムシにより広がる【対策】アブラムシの防除シルバーマルチの使用やキラキラテープによる忌避効果をねらうなど ...

【失敗の傾向】スイートコーンの雄穂が出始めた頃に雄穂に茶色い木くずのようなものがつく。また葉に小さな穴が沢山あく【原因】アワノメイガの幼虫による食害雄穂にまず着き、その後大きくなりながら雌穂につき実を食害する通常雌穂についてから気がつき、気がついた時には ...

【失敗の傾向】 トマトの葉に穴があく、周辺に糞は見られない 【原因】 バッタによる食害 【対策】 大きな害にはならないがヨトウムシ等の食害跡と間違えないようにしなければならない ヨトウムシならほっておくと被害が広がってしまう ヨトウムシの場合食害の周辺に糞の ...

【失敗の傾向】 ピーマンが根元からポキッと折れてしまう 【原因】 強風によって茎が折れてしまった 強風にあうとピーマンの茎は細くて折れやすいので簡単に折れてしまう 葉が茂ってくると特に強風に当たりやすくなるので注意が必要 【対策】 できるだけ早く支柱を添えて ...

失敗の傾向インゲンの葉が縮れて色が黄色くなる。株がなかなか大きくならない原因ウイルス病発芽後(定植後)間もない時にアブラムシがついた対策アブラムシ防除 ...

失敗の傾向スイートコーンの葉がなにものかにかじられたように穴があく葉がボロボロになる原因バッタ類による食害キリギリスはイネ科の葉を好む対策定植してしばらくは不織布などで被う雑草が多いとバッタ類は増える苗がある程度の大きさになれば影響は少ないため、定植して ...

失敗の傾向スイートコーンの葉が縮れて奇形葉になる原因苗を植えてまもなく苗が黒マルチの穴に入り込んで葉が熱にやられてしまい奇形を生じた対策苗を植えた後に植穴に土を被せる ...

失敗の傾向 アスパラガスの頭部分が曲がり、黄色く変色している 株元をよく見ると何かかじられたようにへこんでいる 原因 ネキリムシによる食害 対策 アスパラガスが伸び始めたころによく発生するようだ かじられたアスパラガスの根元の土をどけるとすぐに見つかるので ...

失敗の傾向 実が採れるころになってエンドウ豆の茎やさやが黒くなってしまう 原因 ウイルス病かと思われる(エンドウ茎えそ病等) ※ウイルス病といってもいろいろな原因があるが一般的にはアブラムシが媒介するものが多い そのほか種子から伝染するもの、土壌から伝染す ...

失敗の傾向 スイカの苗を定植して順調に生育していたが、急に苗が萎れて倒れてしまった。 原因 ネキリムシ又はコガネムシの幼虫による ネキリムシは完全に苗の根元で切断されている(茎に根がついていない) コガネムシの幼虫は根を全部食べてしまって苗が急激に萎れ倒れ ...

失敗の傾向 ジャガイモが収穫間際で急に黄色くなり萎れる 原因 乾燥しやすい土壌で浅植えをし、また雨量が少ない乾燥が重なったことによる水不足症状 対策水やりが可能であれば水やりを行う。 乾燥しやすい土壌では、できるだけ深く植えて土寄せを数回行う ...

↑このページのトップヘ