ジャガイモの葉がまだ生育途中にもかかわらず、葉に黒点が出始めて広がっていく。

①失敗の傾向
5月くらいに葉に黒点が現れたと思ったら、黄色く枯れ始めるものも出てくる。初期には葉の先端が縮れたり、色がまだらになったりしている。病気は一部分から全体に広がる。

②ジャガイモモザイク病の可能性がある。ジャガイモの葉に病斑が出る症状には色々な原因があるが、葉の縮れや葉色がマダラになる症状が出たらモザイク病を疑う。

③対策
モザイク病は、ウイルス病。収穫間際でもそういう症状がでやすいが、その場合は早めに収穫してしまう。残念ながら、ウイルス病は発病後の対策がない。原因はアブラムシが媒介、ウイルス病に感染した種芋を利用することによる。
抜き切れれば抜いたほうがいい。ウイルス病株に触ったハサミなどは健全株に使わない(うつるから)
周りにナス科の野菜が植えてあっても病気は共通する可能性があるので特にトマトは注意が必要。株が弱っている場合病気は一つだけにかかってるわけではなく併発してることもあるので疫病なんかは特に注意。
ジャガイモ えそ斑点①
ジャガイモえそ斑点②
初期の葉の症状はこのような小さな斑点の場合もある。