①失敗の傾向
定植から一ヶ月ほど経ったナスの下葉が黄色くなってくる。

②原因
肥料が切れてきている。

③対策
まず定植一ヶ月後(5月下旬頃)整枝のタイミングとあわせて追肥する。ナスは追肥をこまめに行うことがポイント。追肥の位置は、葉が広がっている下あたり(根元ではない)。油粕、米ぬかなどは肥料としての効き目が出るまで時間がかかるので早め早めに追肥する。また、土に水分が無いと追肥効果が現れない為、追肥は梅雨明け前にしておくこと。
下葉が混み合ってきたら、病気が出ないように葉を取り除くこと。