03

47

①失敗の傾向
トマトが実を残して葉がすべて枯れ落ちる。地際に白いカビのようなものが見えて、茎がえぐれるようにカビに囲まれている。がさっと葉が枯れる。

②原因
トマト白絹病 カビによる病気。発病適温が25~35℃であり、夏季高温期に発生する。
地表面近くに未熟有機物を多量に施用したり、敷き藁などをして湿度をあげると、病原菌が増殖し、多発する。土壌が酸性で発生が助長される。

③地表近くに存在するカビなので、地表のカビを埋め戻す。地表が過湿にならないように通気性をよくする。雑草などが生えて通気性が悪化しないようにする。株元に石灰をかける(発生してからでは遅い)