①失敗の傾向
梅雨時期にピーマンの株全体がしおれはじめる。株元(地際)の茎がえぐれるように細くなり、白いカビが見られる。白いカビは、ツブツブの白い球形。
②原因
ピーマン白絹病。高温(30℃くらい)多湿条件で発生する。未熟堆肥の施用、ワラなどについた菌による。白絹病はほぼ全ての野菜に感染する。マメ科、ナス科を栽培した後に発生しやすく、酸性土壌でも発生しやすい。菌核の寿命は数年あり広がる。
③対策
株元の風通しをよくしてカビが増えないように過湿条件を改善する。
株元が乾きやすいようマルチをあける。
未熟肥料などを入れると発生しやすいので未熟堆肥などは施さない。
土壌の酸度を調整するため石灰肥料を使う。