①失敗の傾向
きゅうりの葉が昼間にしおれている。茎の節部分、地際部分が白っぽくカビており、白いカビ部分より上部分が枯れる。白っぽい中に黒いツブツブが見られる、葉は縁から枯れ始め、一部病班が扇型にかれる。
②原因
きゅうりつる枯れ病による。つる枯れ病は連作で起きやすい。多雨多湿条件でも生じやすい。
③対策
連作を避ける。排水を改善する。病気の葉は取り除く。土の跳ね返りを防ぐためにマルチする。
つる枯れ病対応の台木苗を使用する