①失敗の傾向
特に大玉トマトのヘタ部分あたりから筋状のヒビのような傷が入る。実が割れて中味だ見えることも。
②原因
生理障害でチャック果と言われる症状。
地下水位が高く、水田転換畑で生じやすい。根の活性が悪いためにカルシウムが吸収できない事による。また、気象上のストレス(高温低温差、水分ストレスなど)でも生じる
③対策
排水対策や高畝栽培などを行い、マルチ栽培によって水分ストレスの軽減をはかる。