①失敗の傾向
ナスの葉や新芽などの色が悪くくすんだような色になり、ひどい場合は芯どまりになる。
果実はヘタのところが茶色くかすれたようになる。葉裏は、茶色く光沢が出る。

②原因
チャノホコリダニによる。無農薬栽培では発生しやすい。雑草、特にクローバーが多いと発生しやすい。乾燥条件の場合、特に発生しやすい。

③対策
発生した場合、農薬以外の対策は難しい。まずは作業で広がらないように気をつける。
粘着くんなどで物理的に窒息させる。ナス科同士をそばに植えない。