①失敗の傾向
きゅうりの葉の先端部分から上位の葉が白っぽい黄色になる。葉の縁が少し巻いたようになり症状は畝全体に現れる。葉は茶色く壊死しない。

②原因
鉄欠乏の症状。先端から現れるものにはカルシウム欠乏、ホウ素欠乏などがあるがいずれも先端が壊死したり芯どまりの症状がでる。

③対策
鉄は通常土壌中に沢山存在するので鉄自体が土壌にないわけではなく、根が鉄をうまく吸えない状況にある事が原因の事が多い。吸えない理由は土壌PHが高く、鉄が不可溶化している場合が多い。
また、塩害によっても同様の症状がでることがあり、きゅうりは耐塩性が低い。
鉄成分の葉面散布する事が多いが、塩類を水で洗い流すなどを試してみる。酸性を好む野菜ほど鉄欠乏の症状が出やすい傾向がある。