12088190_446893005484584_5954169590273673187_n


石川県の親戚がコシヒカリを毎年送ってくれます。
せっかくなのでこのコシヒカリについてあれこれ

コシヒカリといえばイメージで新潟県、魚沼産って有名ですね。
でもコシヒカリの元々の発祥地は福井県です。福井県の試験場育種です。

この石川県、福井県のコシヒカリと新潟県のコシヒカリは同じコシヒカリという名前で販売しているのですが、
じつは、新潟県のコシヒカリは正確にいうと、「コシヒカリbl」という品種になります。

新潟県で栽培されているコシヒカリのほとんどが、コシヒカリblです。

コシヒカリblとは何かというと「いもち病抵抗性コシヒカリ」というものです。

いもち病とは稲の昔からの重要病害で、多発すると大きく減収します。
特に北陸では発生しやすい病気なんですね。

なので、従来のコシヒカリにいもち病に抵抗性のある違う品種を組み込んで、
いもち病にかかりにくいコシヒカリを作ったわけです。

これは遺伝子組換え技術を使っているわけではなく昔からの、交配による育種です。
味、性質はほとんどコシヒカリでありながら、いもち病にかかりにくい性質も備えています。