11046572_460699597437258_5453260744118688478_n
7041_460699554103929_8428455307009350332_n


落ち葉を畝の上に乗せる。
微生物による落ち葉の分解がどの程度進むか、野菜の生育はどうかを見ます。
 

普通、落ち葉を腐葉土にする際は、落ち葉を重ねて、糠や油粕を入れ、水を加えながら踏み固めるという、堆肥化の過程を経て畑にまかれます。
手間と時間がかかります。
 

何故堆肥化をして畑に還すかというと、未分解の落ち葉をそのまま土にまいて混ぜると「窒素飢餓」という症状がでて作物の生育が悪くなる症状が出るからといわれています。
 

窒素飢餓とは、微生物が有機物を分解する際に、本来作物が使うはずだった窒素を微生物が分解のために使ってしまい、結果として窒素が不足する事を言います。だから未熟堆肥は入れてはいけないとされています。
 

落ち葉を土の上に乗せるのは、堆肥化を土の上でできちゃうのでは思うからです。
微生物と豊富な土と水分、有機物があれば、有機物が分解され自然と堆肥化するはずです。
手間を省きながら土に有機物を補給します。
豊かな山はそうですから。