1891235_255092757997944_1905000355_n

害獣対策はとてもホットな話題です。今回の話は色々勉強になりました。

まず、イメージとして、鹿やイノシシは、すごい増えていて、全然対策が進んでいないのかと思っていましたが、


「ワイルドライフマネジメント」という考え方で今いる個体がどこにどれくらいいるのか把握に努め、適切な捕殺数をコントロールしようとしていることに驚きました。


兵庫県では、15万頭くらい生息している鹿を年間3万頭捕殺することで全体の総数を減少させようとしています。


どれくらい捕殺すれば総数が減少するかという根拠をもってコントロールしようとしているんですね。


実際、今まで、2万頭を上限に捕殺してきたそうですが、それでは増えつづけてしまうというデータに基づき1万頭増やすことを決めたそうです。


ここで、また驚いたのは、1万頭捕殺数を増やして、ちゃんと3万頭まで捕殺することができるんだ、ということです。


猟師さんは減ってると聞いていたので、簡単に捕殺数が増やせるのかなと思ったのですが、鉄砲以外にも様々な罠を使っていることを知りました。


罠もコツや技術を知らなければ全然獲れないけれど、コツを知れば、効果が上がるそうです。


獣害対策も各農家個人個人で対策するには限界がありますが、
こういう技術を利用しながら対策することが重要だと思いました。