10628741_319519364888616_2623580873093485073_o


ある畑のすぐそばで、いのししの沼田場(ヌタバ)を発見。


沼田場とは、イノシシが泥に体をこすり付けてて体の寄生虫やらを
とったりするところ。


里山というのは、人と山の境界線。


そういう所が間近にあるというのは、お互いのルールに
のっとって行動しようということです。
こちらの一方的な要求は通らない。


そういう先人の知恵を教えてもらわないと
里山暮らしはきついかも。


と感じました。