12143205_447372322103319_8914777904162519588_n

近所のお米の収穫時期がそろそろ終盤でしょうか。


今、日本で栽培しているのお米の品種の1/3以上がコシヒカリです。
なぜ、コシヒカリがここまで多く栽培されているのか?
それはコシヒカリ=美味しいお米という刷り込みが消費者に浸透しているからです。


お米の美味しさは、適地適作にあると考えます。
実際、各都道府県ごとにそこに適したお米を奨励品種と定めています。


それでもコシヒカリを作るのは、売れるからです。
もちろん、適した地域で作られたコシヒカリは美味しいです。でも全国の1/3の栽培面積が全てコシヒカリに向いているわけではありません。


みなさん、コシヒカリにこだわらず色々なお米を食べてみましょう。
今、とてもたくさんの品種が出てきています。ぜひ自分好みのお米を探してみてはどうでしょう。