RIMG0442
yotoumushisyokugai


ヨトウムシは年2回発生しますが、5月、6月は要注意月間です。
 
 
非常に幅広い作物について加害しますので防除が難しい害虫の一つですね。 
 
 
一番いいのは、この葉裏の卵の状態で見つけることですが、これはなかなか難しいです。(全部の葉裏を見るわけにはいかない)
 
 
だから、葉裏で卵からヨトウムシの幼虫が生まれて、間もない時期に退治するのがベストです。
その場合、その発生のサインを見逃さないようにしなくてはいけません。
 
 
写真はブロッコリーの葉の表面ですが、少しプツプツとした白い痕が見えると思います。
 
 
これがヨトウムシがまだ小さい時にあらわれるサインです。
この葉裏に小さな小さなヨトウムシがいます。
この些細なサインを見逃すと、いつの間にかヨトウムシがあちらこちらに分散して野菜を食い荒らします。
 
 
特にこの5月畑をよくまわってサインを探します。
色々な作物の葉でも同じようなサインが出ます。
 
 
これがその後の発生を減らすもっともよい手段だと思います。