34826151_827863847387496_522052222561812480_n


ジャガイモの芽や緑色の部分には毒があることは聞いたことがあるかと思います。
 
では、どれくらい食べたら症状がでるのでしょうか。
 
以下は農水省のHPより抜粋したものです。
 
===========================
ソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)は天然毒素の一種で、ジャガイモの芽や緑色になった部分に多く含まれます。これらを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。
 
 
ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いでお医者さんにみてもらいましょう。
 
 
ソラニンやチャコニンはジャガイモの芽に一番多く含まれています。ジャガイモの可食部分は、100 gあたり平均7.5 mg(0.0075 g)のソラニンやチャコニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあります。
 
 
一方、光に当たって緑色になった部分は100 gあたり100 mg(0.1 g)以上のソラニンやチャコニンを含んでいるといわれています。
 
 
体重が50 kgの人の場合、ソラニンやチャコニンを50 mg(0.05 g)摂取すると症状が出る可能性があり、150 mg~300 mg(0.15 g~0.3 g)摂取すると死ぬ可能性があります。
===========================
  
 
ジャガイモMサイズでおよそ100gくらいはありますから、緑色のジャガイモ1個食べたらだいぶ危険ですね。
 
また、小さな(未熟な)ジャガイモでも食中毒事例がありますので、そのまま食べる際は十分気をつけたいです。