66261172_1087463878094157_7443939941928665088_n

65823128_1087463844760827_6032954631556956160_n

65849892_1087471464760065_6009908721809883136_n

ヨトウムシの摂取量


害虫の発生は、突然やってくるように思いがちです。
しかしながら、害虫は少しずつ増えていっています。
はじめは、小さく葉をかじる程度です。
そして徐々に大きくなる過程で葉の食害も大きくなります。
葉が大きくかじられていて初めて害虫の発生に気づくことが多いかもしれません。
 
例えばヨトウムシにやられる時というのは、ほとんど老齢幼虫が残ってしまった時です。
逆に言えば、それ以前に対策をとればさほど被害は広がらないということです。
 
資料によれば、葉の被害率のおよそ90%は老齢幼虫によるものとされています。
老齢幼虫になると農薬の効果もとても劣ります。幼虫が大きくなるほどあまり効果を期待できないということです。

一早く気配を察したいところですね。