65800105_1088165248024020_4886254752150585344_n

66016815_1087958998044645_8698840978213044224_n


失敗の傾向
ズッキーニが大きくなってきたがあまり実が取れない
はじめのうちは取れていたけれど急に取れなくなってしまった


原因
ズッキーニが大きくなってきたにも関わらず実が収穫できないのは、肥料が多すぎて実をつけるよりも生長に栄養分が使われているからだと考えられる。
ズッキーニは肥料が必要だけれど、やりすぎは収穫量が減る原因となる。肥料のやりすぎの目安は、大きな葉が立ってきて、どんどん中心部分からも葉が出て中心が見えなくなるような状態。
適切な状態は写真のように葉の中心の実の部分にも日光が十分に当たるような状態。

初めのうちにズッキーニがとれていたけれど途中から収穫量が減るのは、成り疲れの可能性がある。初期段階で実を大きくしてとりすぎたこと、収穫の間隔があいてしまって実の収穫を忘れていたなどが原因。

対策
肥料のやりすぎの場合は、肥料を控えること。古い葉は摘葉して、葉が込み合わないようにすることで害虫の発生を防ぐことも意識する。
成り疲れは、液体肥料を定期的に与えたり、葉面散布したりして、樹勢の回復に努めること。
樹勢回復の際は、できるだけ実は小さなうちに収穫し、樹の負担を小さくすることも大切
(写真のように花がまだついているような状態で収穫してしまう)