66199277_1091258594381352_7065791277224165376_n

66199605_1091258634381348_6683773860598251520_n

66310308_1091378654369346_3465994786320678912_n


失敗の傾向
ナスの新葉がボロボロになってしまう。
ひどいものは新葉の生育が止まってしまう。虫は確認できない
新葉に穴と同時に茶色い点々が確認できる。

原因
ナスの葉を食害する害虫はたくさんいるが、新葉を中心に6月~7月くらいにボロボロになる症状はカメムシによる被害のことが多い。
カメムシが新葉が小さいうちに葉を吸汁し、吸汁した痕が新葉の生長とともに大きくなり、穴が裂けてボロボロになったように見える。したがって、実際の加害の時期と被害が現れる時期にズレがあることが多い。


対策
カメムシは周辺の雑草から飛来することが多い、特にセイタカアワダチソウやヨモギなどはカメムシが好む植物であるため、畑周辺にそういった雑草がある場合は注意した方がよい。
動きが早く捕殺が難しいのが難点。触ると死んだふりをする。
 
慣行栽培の場合他の害虫と同時防除で問題にならないことが多いが、有機栽培、減農薬栽培の圃場で発生が多いと思われる。