89242566_1283688638471679_6262097755343159296_o


ダイコンのトウ立ちはなぜ起きるか?

種子春化型作物とは、種子が吸水し動き始めた時から低温に感応し、花成が誘起され、花芽分化する作物。分化後は高温長日条件で抽苔が促進されます。

一般的に敏感なのは5~7℃とされます。
晩抽系は低温は変わらないものの、低温遭遇時間の要求量が多くなります。

脱春化作用とは、夜間の低温感応を日中の高温で打ち消す作用で、20℃以上の高温が必要です。

高温が4~6時間以上確保できれば完全に脱春化されます。

ただし毎日の反復が大切で、昼間温度が上がらない日が3~5日も続くと花芽分化を起こし、その後は逆転しません。