102741147_1368758723298003_674712635845263243_n

102824462_1368758783297997_1904454570950036559_n

104480825_1368770583296817_3530280706039909427_n


【失敗の傾向】
きゅうりの葉が葉脈に沿って色が白くなっていく、ひどい場合、葉全体の色が抜けて枯れてくる
葉裏を見ても病気のカビは見られず、テカったような痕(シルバリング)がたくさん見られる
目を凝らしてよく探すと黄色い小さな虫が発見できる
きゅうりの実には頭の方(樹とつながっていた方)を中心に傷がついたような痕が残る
ひどい場合は実全体が傷ついたようになる
斑点細菌病と見分けがつきにくいが葉裏を見てアザミウマを発見する

【原因】
アザミウマ(スリップス)による食害
アザミウマはウイルス病である黄化エソ病を伝播するため、新葉などに縮れやモザイク症状が出ることがある

【対策】
スリップス防除
シルバーマルチの使用、キラキラテープの使用、青色粘着版の利用などがある
周辺にキク科、ウリ科、ナス科の作物が多いと伝播しやすい
雑草防除も大切