DSC_2053

【失敗の傾向】
小玉スイカが生育途中で割れてしまった

【原因】
裂果。
小玉スイカは皮が薄いため裂果が発生しやすい。
また熟期が開花後30~40日と短く短期間で大きくなるために裂果しやすい
果実が小さい頃に土が乾き過ぎすぎると顕著。
直接スイカに日光が当たると日が当たった部分が固くなりその部分が割れやすくなることもある

【対策】
割れにくい品種を選ぶ
小玉スイカは割れやすいことを認識する
生育初期に乾燥が続く時は十分に水やりが必要
マルチ栽培を行い、土壌水分が急激に変化しないような工夫が必要