DSC_0035
【失敗の傾向】
同じ時期に定植したオクラの生育にムラができる。大きくなるものと小さいままのものがある

【原因】
根に何らかの障害がおきている
ここではおそらくネコブセンチュウの影響が考えられる
根を引き抜くとネコブが観察できる
ネコブセンチュウはオクラにつきやすい

【対策】
緑肥の利用、太陽熱消毒、微生物を土中に増やし多用な生物層にするなど