野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 ネットで検索してもHow toや様々な成功する農法の事例が出てきます。 それ自体を否定することはありません。 でも、もっと失敗の経験から学べる事があるのではないか。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:オクラ

①失敗の傾向 種を播種して栽培しているオクラが大きくなりすぎて収穫しにくい。 オクラの大きさが大きくごつごつしたものになる。 節間が広がり収穫量が減る ②原因 種を播種して、かつ一本仕立てにした場合に樹勢が強くなりすぎてしまう。 ③対策 ポット苗にして、2~3 ...

①失敗の傾向 オクラの種をまき、発芽したと思ったら葉がかじられて無くなってしまった。 ②原因 ナメクジによる食害 ③対策 できるだけナメクジが好むような場所を作らない(物を置いたり、野菜の残さを野菜のそばに置いたりしない) プラスチックの ...

①失敗の傾向 オクラの実が曲がる。 ②原因 オクラの樹勢のアンバランスによる受精不良。 オクラは、とても吸肥力が強く、肥料が多い場合樹勢が強くなりすぎる傾向がある。 ③対策 樹勢をコントロールするためには、下葉を落としながら栽培すると良 ...

  フタトガリコヤガ ワタノメイガが葉を巻いている様子 ①失敗の傾向 葉っぱが葉脈残して穴だらけになってボロボロにしてしまう。 ②原因 オクラの葉を食べる害虫といえば、まずフタトガリコヤガを考える。年2 ...

↑このページのトップヘ