野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 ネットで検索してもHow toや様々な成功する農法の事例が出てきます。 それ自体を否定することはありません。 でも、もっと失敗の経験から学べる事があるのではないか。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:遺伝子組み換え

日本モンサントが日本で安全性認可を終えた作物、 つまり輸入してもよい遺伝子組み換え作物は以下の通りです。 大豆 トウモロコシ ワタ テンサイ(少ない) アルファルファ(少ない) ※一部冷凍の食用ジャガイモ(少ない) 逆に言えば、何でもかんでも遺伝子組み換え作 ...

日本に入ってきている遺伝子組み換え作物はどれくらいか。 日本は、穀物(トウモロコシやコムギ)、油用の作物(ダイズ、ナタネ等)を合計で約3,100万トンを海外から輸入しています。 そのうち遺伝子組み換え(GM)作物は合計で約1,700万トンと推定されます。 そして ...

遺伝子組み換え作物(以下GM)について不安を感じるという声を聴きます。 良い悪い、好き嫌い、選択する、しないということを決める上で GMの基本的な情報を知って判断の材料にしたらいいのではないでしょうか。 出典はモンサントHPより。 まず世界でどれくらい栽培 ...

↑このページのトップヘ