野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 ネットで検索してもHow toや様々な成功する農法の事例が出てきます。 それ自体を否定することはありません。 でも、もっと失敗の経験から学べる事があるのではないか。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:農業資材

雲母上の軽石を短時間高温で焼き粉砕したもの。 多孔質で保水性、通気性に優れ陽イオン交換容量が高い。 肥料成分は含んでいない。 ...

真珠岩を高温で焼き、粉砕したもの、多孔質で保水性に優れる。 陽イオン交換容量は非常に低く、PHが7.0-7.5と高い。 ピートモスと組み合わせることが多い。 肥料分がなく、微生物もいない。 肥料の持ちが悪い。 ...

落葉広葉樹の落ち葉を堆積、腐敗させてと土にしたもの多孔質で保水性に優れる。 陽イオン交換容量が高く、微量要素を含む。 ...

関東ローム層からとれる軽石。 多孔質で排水性と保水性のバランスが良く、通気性にも優れる。 栄養分をほとんど含まない。 ...

花崗岩が風化して出来た砂。 保水力、保肥力に優れ、安価であるが、排水性、通気性が悪く、単体での使用には適さない。 弱酸性の土。 ...

関東ローム層と呼ばれる火山灰土の表層30㎝程度は腐食が多い黒土であり、その下は火山の下降物質が酸化した赤土です。 この赤土をふるい分けした粒状のものを赤玉土といいます。 酸性が強く、保水性、通気性に優れていますが、有機物は少ないです。 陽イオン交換容量が高 ...

海苔網というものがありまして、海苔を作るときに使う丈夫な網です。 長さ20m弱、幅160cmくらいでしょうか。     海苔網のリユース品を野菜用のネットとして使います。 普通、きゅうりネットなんかを使いますが、きゅうりネットは、慣れないとこんがらがったりして大変で ...

↑このページのトップヘ