野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ: ユリ科

失敗の傾向 アスパラガスの頭部分が曲がり、黄色く変色している 株元をよく見ると何かかじられたようにへこんでいる 原因 ネキリムシによる食害 対策 アスパラガスが伸び始めたころによく発生するようだ かじられたアスパラガスの根元の土をどけるとすぐに見つかるので ...

失敗の傾向 春先アスパラガスの収穫がひと段落したあと、立茎を始めた。 (梅雨前時期)すると出てくるアスパラガスの先端が次々と枯れていく また、変形した異常茎も多くみられる。 原因 おそらくが水分吸収の問題が起きている。 アスパラガスの袴(鱗片葉)の先端が枯 ...

失敗の傾向 アスパラガスがくねくねと曲がって生えてくる。 4月、5月中旬くらいまではまっすぐのアスパラガスが収穫できたのにその後曲がったアスパラガスばかりになってしまった。 原因 アスパラガスが曲がる原因は、ある種のストレスが原因だと考えられる。 特に乾燥 ...

失敗の傾向 アスパラガスの株元に写真のような病斑が見られる。 (縦長の丸い病斑と黒い点々) 病斑は茎の中にどんどん浸潤する感じ。 病斑が広がると株が黄色く枯れる。 原因 アスパラガスで必ず出る茎枯病。 昨年病害に侵された残さが株元に残っていて、かつ株元が混 ...

ジャンボにんにく。 にんにくという名前ですが、ポロネギ(リーキ/西洋ネギ)の一種です。 無臭にんにくと言われていたりします。   1m近くになります。にんにくと比べるとバカでかい。 葉は別物っていう感じです。 にんにくの芽も少しにんにくとは違います。 にんに ...

①失敗の傾向 アスパラガスの生育がよくないので根を掘りあげてみたら根が空洞になっている。 根が充実しておらず軽い。根を指でつぶすとフカフカしている。 春に出てくるアスパラガスが前年と比べて細く、数が少ない。 ②原因 地上部の病気により、十分に根に養分が蓄えら ...

①失敗の傾向 収穫時のタマネギが長細くなる。レモン玉という。 ②原因 何らかの理由で生育が阻害されているか収穫時期が早かった 苗の植え付け時期が遅かった 植え付け時に極端に深く植え付けてしまった 株間が狭い 生育期間の肥料切れ 苗の質が悪かった 雑草が多く養分 ...

①失敗の傾向 ネギの葉が全体的に白くなる。よく見ると白い線のような跡がある。 ②原因 ネギアザミウマの食害痕。雨が少なく、乾燥が続くと発生しやすい。また、雑草地が近い場合なども多くなる。 ③対策 見た目が悪くなるがさほど収量や味に影響 ...

①失敗の傾向 タマネギが大きくならない ②原因 雑草に負けて大きくなれなかった。養分競合や春先に雑草が大きくなり苗を隠すなど、雑草が苗の生長を妨げた。 ③対策 マルチ栽培により雑草害を防ぐ ...

↑このページのトップヘ