野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:ナス科 > トマト(ミニトマト)

①失敗の傾向 トマトが全体的にガサッと枯れる。一時的に夕方などに回復するが最終的に枯れてしまう。 雨が多いと周辺のトマトも同じように枯れてくる。茎を切って水につけると白っぽい菌が流れ出す。 ②原因 トマトの病気で最も強い青枯病。土壌病 ...

①失敗の傾向 トマトの葉が下の方から白くなり徐々に上の葉に広がる。 ②原因 うどんこ病の発生による。特に梅雨時期から高温多湿の場合、また窒素肥料が多い場合、実がつきすぎて株の負担が大きい場合などに生じ ...

①失敗の傾向 トマト全体が他と比べてうっすら茶色っぽい、茎が銅色になる。少しずつ広がり枯れ上がってくる。がくも茶色くなり実にもかすれたような症状が出る。 ②原因 トマトサビダニによる被害。 ③対策 一度発生すると薬剤 ...

①失敗の傾向 ミニトマトの実が大きくならないで小さいまま赤くなってしまう。 ②原因 ・品種によってはもともとできる実が小さいものもある。 ・収穫期後半の実は、樹の栄養状態が悪いと小さな実になりがちです。生育期後半になると、花の咲く間 ...

①失敗の傾向 大玉トマトの3段目以降の果実の尻部分が黒くなってしまう。ミニトマトでの発生は少ない。 ②原因 尻腐れという生理障害。病気ではなくカルシウムの欠乏症状。 カルシウムの欠乏症状には、様々な原因が考えられ ...

①失敗の傾向 大きくなった大玉トマトのヘタ部分から実が割れてくる。 ②原因 1.土壌水分の変化によっておこる。乾燥が続いた後で急に大雨が降ると起こりやすい。 2.直射日光が実に直接当たり続けると皮が硬くなり裂果しやすくなる。 3.品種 ...

①失敗の傾向 下から3段くらいの実は取れるが、それ以降の実が取れない。樹が大きくならない。 ②原因 樹勢が低下している。雨が少なく肥料が効いていない。 樹勢が低下しているかどうかは、 ...

①失敗の傾向 トマトの実に穴が開いている。下の方の実に被害が出ている。穴の大きさが大きく深くえぐれている。。虫糞も見られない。 ②原因 鳥害 ③対策 防鳥ネットを利用する。 ...

①失敗の傾向 トマトの下葉に不定形の病斑が出はじめる(写真のような病斑) はじめは、褐点のような病斑だが、次第に広がってきて病斑が大きくなり、枯れてくる。 ②原因 トマト褐色輪紋病 カビによる病気。湿度が高い条件下で起こる。前作の残さが一次 ...

↑このページのトップヘ