野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 ネットで検索してもHow toや様々な成功する農法の事例が出てきます。 それ自体を否定することはありません。 でも、もっと失敗の経験から学べる事があるのではないか。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:ジャガイモ

①失敗の傾向 ジャガイモが小さいものばかりになる ②原因 原因は一つではなくいくつか考えられる。 ・植え付け時期が遅すぎた ・すべての芽を残して栽培した(芽かきを忘れた) ・品種の選定 ・連作した ・雨が少なかった ・モグラの穴が開いていた ・土地がやせすぎている ...

①失敗の傾向 ジャガイモの葉が黄色くなってきて、葉が枯れ始め落ちる。茎にあざのような病斑ができる。 収穫した芋は小さく、いもにあざのような病斑がつくこともある。 ②原因 ジャガイモ疫病の症状。ジャガイモで気を付けなければならない病気。雨が多く気温 ...

①失敗の傾向 ジャガイモの表面に小さな穴がポツポツ開いている。 ②原因 ハリガネムシ(コメツキムシの幼虫)による食害 ③対策 未熟堆肥の施用をさける。太陽熱消毒によって卵や幼虫を減らす。 ...

①失敗の傾向 春植え付けのジャガイモ栽培で、収穫したイモがが小さいものばかりである。 ②原因 植え付け時期が遅かった。植え付け時期が遅くても、茎葉は梅雨時期に実が大きくなる前に枯れ込んでしまう。特に、キタアカリやメイクイーンは枯れ込 ...

①失敗の傾向 掘り上げたジャガイモの皮に白っぽいブツブツが出る。 ②原因 土壌水分が多過ぎることによる生理障害で皮目肥大という。 病気ではない。 ③対策 ウネを高くするなど、土壌水分が高くなら無いようにする。 皮目肥大のジャガイモは食べ ...

①失敗の傾向 ジャガイモの表面が薄い緑色をしている。 ②原因 日光にあたったことによる緑化。ソラニンという有毒成分が含まれているため日光にあててはいけない。緑化したいもは食べないこと。 ③対策 ジャガイモが大きくなった時に地表面にジャガイモが出てこないよう ...

9月に植え付けたジャガイモが春作に比べると小さいなあ。品種は同じなのに。 ①失敗の傾向 春作で植えたジャガイモをそのまま種としてつかったら、春作に比べて小さなジャガイモしかできなかった。 ②原因 暖地のジャガイモ栽培には春作(3月植え6月収穫)と秋作(9月 ...

楽しみに掘り上げたジャガイモ、見てみたら割れたものが多くてショック。どうして? ①失敗の傾向 秋作のジャガイモ、掘り上げた時に芋に大きな亀裂が入っている ②原因 土壌水分が影響している。粘土質土壌は割れが多い。これは乾燥と過湿の差が大きい ...

せっかく作ったジャガイモなのに、ジャガイモの皮がかさぶたみたいになってる。 食べてみるとガリガリしていて美味しくないんだな。 ①失敗の傾向 ジャガイモの皮が汚くてざらざらしている感じ。包丁で切ってみるとゴリゴリしている。 ②原因 そうか病という病気。 連作障 ...

↑このページのトップヘ