野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

カテゴリ:マメ科 > エンドウ

失敗の傾向 実が採れるころになってエンドウ豆の茎やさやが黒くなってしまう 原因 ウイルス病かと思われる(エンドウ茎えそ病等) ※ウイルス病といってもいろいろな原因があるが一般的にはアブラムシが媒介するものが多い そのほか種子から伝染するもの、土壌から伝染す ...

①失敗の傾向 エンドウが早い段階から下葉から枯れあがってきて、収穫量が少なかった ②原因 エンドウは排水不良の畑で栽培すると根が酸素不足になり生長が妨げられる。また、連作障害も起きやすいので一度栽培した場所では、栽培を避ける(栽培する面積によるが、通 ...

↑このページのトップヘ