野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

タグ:ナメクジ

失敗の傾向 キュウリが発芽したとたんに何者かにかじられてしまう。 原因 ナメクジによる食害 葉の表面にてかてかとした特有の印が残る 対策 ナメクジは何か隠れるところがあるとそこに潜んで夜間などに這い上がってきて苗をかじる。 地面に直接苗を置いたり、排水の悪 ...

ナメクジがもっとも孵化するのが、4月、5月です。 ちょうど苗の植付け時期と重なって葉の食害がひろがります。 ナメクジは、なんでも食べるようなイメージがありますが、ナス、スイートコーン、シソなんかが好きなように感じます。 日中はナメクジなかなか見つかりません ...

①失敗の傾向 チンゲン菜の葉に穴が開く。穴のそばに粘膜のようなキラキラした跡がある。 ②原因 ナメクジによる食害。気温が暖かくなる4月くらいから特に梅雨時期に発生が多い。寒くなると被害は少ない。 ③対策 銅が嫌いなので銅線などしく。 お ...

①失敗の傾向 オクラの種をまき、発芽したと思ったら葉がかじられて無くなってしまった。 ②原因 ナメクジによる食害 ③対策 できるだけナメクジが好むような場所を作らない(物を置いたり、野菜の残さを野菜のそばに置いたりしない) プラスチックの ...

①失敗の傾向 ピーマンの先端近くの葉に穴が開く。虫らしきものはいない。葉の裏を見てもヨトウムシの幼虫がかえった後などが見られない。 ②原因 ナメクジによる食害。ナメクジは日中は隠れていて夜に葉に上って葉を食害する。ダンゴムシは高いところまではのぼらない。 ...

イチゴの実ができ始めた途端実に穴があいて、何かに食われている ①失敗の傾向 暖かくなって来て、路地のいちごが赤くなり始めたので、もうすぐ収穫しようと思って待っていたら実に穴があいてしまった。 ②原因 ナメクジによる食害 ③対策 葉欠きや脇芽を整理 ...

↑このページのトップヘ