江戸期から19世紀末ころまで、肥料の中心をなしたのはの魚肥でした。   その後、日清・日露戦争後になると、中国大陸からダイズかすが安価に輸入されるようになり、大正中期までは肥料は、ダイズかす中心の時期が続きました。 化学肥料については、まず1887年に東京人 ...