野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

タグ:排水不良

①失敗の傾向 梅雨時期にかぼちゃの下葉から枯れ上がる。 ②原因 ウリ科は根が浅く、酸素を多く必要とするものが多いので、水がたまったりすると様々な障害がでる。 特に梅雨時期の排水不良により、葉が枯れあがることが多い。代表的なものに疫病やつるがれ病などが ...

①失敗の傾向 蔓も伸び大きくなっているのに実がつかない。 ②原因 摘芯していない。 肥料不足。 排水不良、過乾燥による根痛み。 ③対策 ゴーヤは、子づる、孫づるを伸ばしてそこに着く雌花を生かす。そのためには本葉5枚くらいの時に摘芯し、子づ ...

①失敗の傾向 エンドウが早い段階から下葉から枯れあがってきて、収穫量が少なかった ②原因 エンドウは排水不良の畑で栽培すると根が酸素不足になり生長が妨げられる。また、連作障害も起きやすいので一度栽培した場所では、栽培を避ける(栽培する面積によるが、通 ...

↑このページのトップヘ