最終回です。 二十四節気、雑節、七十二候を時計を「時」「分」「秒」に読みかえて、1年という季節の周期を読むという考え方をしてきました。 時計は、今を知るためにあります。 正確に今の季節を知ることが難しかった時代、天気予報などがなかった時代に、二 ...