野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

タグ:梅雨明け後

①失敗の傾向 梅雨明け後、高温が続くようになるとピーマンの実が茶色っぽくなったり、白くなったり変色する。 ②原因 日焼け。直射日光がピーマンの実に当たるとピーマンの実の組織が壊れて日焼け症状が出てしまう。 また、日射しが強い時に水やりを葉の上からやると実につ ...

①失敗の傾向 7月中頃まで綺麗なナスが収穫できていたが、梅雨明け後急にツヤのないナスが増えてきた。 梅雨時期よりも生育速度が遅く、切って中を見てみると種が目立つ。 ②原因 水不足。梅雨明け後、雨が降らず気温が急に上がり、夜温も高い状況 ...

①失敗の傾向 カボチャの葉に丸い輪の模様がついている。穴が開いていてどんどん広がっていく。茶色い小さな虫がいる ②原因 ウリハムシによる食害。苗を植えた直後に食害されると、その後の生育に大きく影響してしまう。ウリ科の野菜の葉を食害する。葉の食害は、梅雨明け ...

↑このページのトップヘ