野菜作り失敗の傾向と対策

いざ自分で野菜を作ってみると失敗の連続です。むしろ失敗するのが普通といってもいい。 失敗を続けるうちに、ふと、より多くの失敗を知っていることが野菜作り上達への最短距離じゃないかと考えるようになりました。 失敗がベースにあって、そこから一つ一つ失敗の要素を取り除いていく。できる限りの失敗を予防する事で成功を目指す。それが私の野菜作りの基本的な考え方です。 そういう思いで、私が実際に野菜を育てて失敗したこと、そしてなぜ失敗したのか自分なりに考えた事を蓄積していきたいと思います。 その他農業に関するトピックスも少しずつ更新していきます。

タグ:生育不良

失敗の傾向 ジャガイモを適期に定植したはずなのに、生育が悪い 原因 日当たりが悪いところで栽培している可能性がある。 日当たりが悪ければ当然発芽、その後の生育も悪くなる。 またもともと日差しを好むため、日陰では生育が抑制される。 対策 生育期全般にわたって日 ...

①失敗の傾向 収穫時のタマネギが長細くなる。レモン玉という。 ②原因 何らかの理由で生育が阻害されているか収穫時期が早かった 苗の植え付け時期が遅かった 植え付け時に極端に深く植え付けてしまった 株間が狭い 生育期間の肥料切れ 苗の質が悪かった 雑草が多く養分 ...

①失敗の傾向 同じ日に植えたナスなのに、どんどん生育に差が出てきてしまった。管理は特に変えているわけではない。 ②原因 苗を植え替えた初期段階で、害虫に食害されると生育のスタートが遅れてしまう。結果として生育期間全般的に虫にやられやすかったり、病気にかかり ...

↑このページのトップヘ